16年度ふるさと納税1・6倍に 仲介サイト大手が推計

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ふるさと納税の最大手仲介サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク(東京)は10日、ふるさと納税による2016年度の寄付総額が15年度比で1・6~1・7倍になるとの推計を明らかにした。他の仲介サイトも含めての見積もりで、2600億~2800億円程度になる。

 自治体が返礼品を充実させたことや、地震に見舞われた熊本に寄付が集まったことが増加の要因とみられる。総務省によると、15年度は14年度比4・3倍の1653億円だった。

 ふるさと納税を巡っては過剰な競争が問題視され、総務省は今月、返礼品の調達を寄付額の3割までにするよう要請している。