中国風刺の受賞作名報じず 香港で言論規制批判

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 香港の映画賞を獲得しポーズをとる「大樹は風を招く」の欧文傑監督(前列手前から3人目)と出演俳優ら=9日(共同)

 【香港共同】香港の映画賞「金像奨」で、1997年の英国から中国への返還直前の香港を舞台に、実在のヤクザらをモデルにした「大樹は風を招く」が9日、作品賞など5賞を獲得したが、中国主要ネットメディアは作品名を報じなかった。香港メディアでは、中国の汚職を風刺した場面などが問題視された可能性が指摘されており、香港では中国の「言論規制」に批判も出ている。

 中国ネットメディアは金像奨自体は報じたが、「大樹」については作品名を伏せ、受賞者名だけ伝えた。香港メディアによると、同作は中国大陸で上映が許されていない。