玄海原発、2市長が再稼働反対 唐津市長は容認の表明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)から半径30キロ圏に入る佐賀県伊万里市の塚部芳和市長は10日、「不安は拭えない」と改めて再稼働に反対の姿勢を示した。市の一部が30キロ圏に入る長崎県平戸市の黒田成彦市長も反対の意向を表明。一方、玄海町に隣接する佐賀県唐津市の峰達郎市長は安全性を一定評価し、再稼働を事実上容認した。

 玄海3、4号機の再稼働の前提となる地元同意を巡っては、佐賀県の山口祥義知事の判断に注目が集まっている。周辺自治体での賛否が分かれる中で、難しい判断を迫られそうだ。