「劇場」初版は異例の30万部 又吉さんの新作長編

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 又吉直樹さん

 新潮社は10日、芥川賞作家でお笑い芸人の又吉直樹さん(36)の新作長編小説「劇場」の初版部数を、文芸作品としては異例の30万部にすると発表した。発売は5月11日。

 又吉さんの小説第1作「火花」(文芸春秋)の初版15万部の倍に当たる。新潮社が過去出版した本の中でも、村上春樹さん(68)の「1Q84 BOOK3」「騎士団長殺し」の第1部と第2部のそれぞれ50万部に次ぐ初版部数。同社は「『劇場』を掲載した文芸誌『新潮』4月号は発売10日余りで累計5万部を完売した。単行本を待ち望む読者や書店に確実に届けたい」としている。