劇団四季作品、中国語版で上演 初のコンテンツ契約

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北京市内で記者会見する劇団四季の吉田智誉樹社長=10日(共同)

 【北京共同】劇団四季のミュージカル「人間になりたがった猫」の中国語版が6月から中国で上演されることが決まり、北京で10日、記者会見が行われた。四季にとってオリジナル作品の上演権をほかの劇団などに提供する初の試み。北京や上海などで来年1月まで約100公演が行われる。

 訪中した四季の吉田智誉樹社長は「日本の人口減少に伴い、日本の観客を対象に活動を続けてきたわれわれは海外に打って出る必要がある」と述べ、アジアでのコンテンツ展開に意欲を示した。

 中国では近年、海外ミュージカルの公演が増加、関心が高まっている。