真凜、2枠の五輪出場に意欲 フィギュア、シニアに参戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 京都府スポーツ特別奨励賞などで表彰されたフィギュアスケート女子の本田真凜。左は山田啓二京都府知事=10日午後、京都市

 3月に台北で行われたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権の女子で2位となった本田真凜(大阪・関大高)が10日、京都市内で取材に応じ、2枠となった来年の平昌冬季五輪出場に向け「スケートを始めたときからの目標。出たい気持ちは変わっていない」とあらためて意欲を示した。

 現在はシーズンオフで「ゆっくりしている」と言い「5月になって曲を作ってから、しっかり練習したい」とシニアに参戦する来季を見据えた。

 この日は京都府庁で山田啓二知事から京都府スポーツ特別奨励賞などの表彰を受けた。