政府が防災基本計画を見直し 支援物資の輸送態勢など

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 中央防災会議であいさつする安倍首相(左から2人目)=11日午前、首相官邸

 政府の中央防災会議(会長・安倍晋三首相)は11日、昨年の熊本地震を踏まえ防災基本計画を見直した。被災地の要請を待たずに物資を送る「プッシュ型支援」が一部機能しなかった反省から、都道府県と市町村がそれぞれ輸送拠点を設け、避難所まで確実に送り届ける態勢をつくることが柱。自治体庁舎の耐震化や、情報通信技術(ICT)の活用も盛り込んだ。

 安倍首相は会議で「教訓を災害対策に生かし、被害に遭う人を減らすのが私たちの使命だ。災害に強い強靱な国づくりに向け、官民一体となった総合的な防災対策に全力で取り組む」と決意を述べた。