大リーグ、上原は2/3回無失点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ドジャース戦の8回途中から登板し、2/3回を無安打無失点だったカブスの上原=シカゴ(共同)

 【シカゴ共同】米大リーグは10日、各地で行われ、カブスの上原はシカゴでのドジャース戦で2―1の八回1死一、二塁から5番手で登板し、2/3回を無安打無失点、1三振だった。開幕から4試合連続無失点。最初の打者を一ゴロに打ち取ったが、一塁手からの送球を二塁上で受けた遊撃手が併殺を狙って一塁に悪送球し、同点となった。チームは3―2でサヨナラ勝ちした。

 アストロズの青木はマリナーズ戦に出ず、チームは0―6で負けた。

 イチローのマーリンズは試合がなかった。