マララさんを平和大使に任命 国連事務総長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 10日、国連平和大使の任命式で演説するマララ・ユスフザイさん=ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は10日、ニューヨークの国連本部で、ノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさん(19)を女子教育の権利向上に取り組む国連平和大使に任命した。

 史上最年少の平和大使となったマララさんは「非常に光栄」と喜びを語り、「教育は全ての子ども、特に少女にとっての基本的な権利。この権利をおろそかにすべきではない」と教育の重要性を訴えた。

 マララさんは、パキスタンでイスラム武装勢力による少女らへの抑圧を告発して銃撃された過去を持つ。グテレス氏は「あなたは世界で最も重要な目的である教育のシンボルだ」と話した。