死亡女児の小学校で入学式、千葉 「子どもの安全守っていきたい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 保護者に付き添われ、登校する松戸市立六実第二小の新入生ら=11日午前、千葉県松戸市

 千葉県我孫子市で殺害された小3女児の遺体が見つかった事件で、亡くなったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が通っていた同県松戸市立六実第二小学校が11日、入学式を開催。新入生に付き添って登校した保護者は「子どもたちの安全を守っていきたい」と強調した。

 松戸市教育委員会によると、同校では5日の始業式以降、2~4年生がまとまって登校できるよう登校時間を午前8時以降の20分間に短縮。下校時は教員が引率して集団下校を続けている。

 この日も、新入生に先立って在校生が登校した際は、通学路に地域住民らが立ち子どもに「いってらっしゃい」など声を掛けていた。