39歳長男、二審も無期懲役 香川・小豆島の両親殺害

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 香川県土庄町(小豆島)で2015年4月、水道工事会社経営の両親を殺害したとして、殺人罪に問われた長男喜田勝義被告(39)の控訴審判決で、高松高裁(半田靖史裁判長)は11日、求刑通り無期懲役とした一審高松地裁の裁判員裁判の判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 弁護側が量刑不当を訴えて控訴。一審判決では喜田被告の発達障害が考慮されていないと訴えていた。

 一審判決によると、喜田被告は15年4月30日未明、事務所兼自宅で寝ていた父親の春夫さん=当時(65)=と母親の加代子さん=同(63)=の頭をハンマーなどで数回殴り、殺害した。