療養費の第2期募集開始 甲状腺がん子ども基金

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんを発症した子どもを支援する民間の「3・11甲状腺がん子ども基金」(東京)は11日までに、がんやその疑いがあると診断された患者を対象に、10万円の療養費を給付する第2期の募集を始めた。期間は来年3月末まで。

 第1期の募集は昨年12月1日から今年3月末まで受け付け、福島県など1都14県に住む11~25歳の患者計81人に療養費を給付した。

 この日、基金は都内で記者会見を開き、療養費を給付した患者へのアンケート結果を公表。女性患者からは「結婚・出産などについての不安はいまだに消えない」との声が寄せられた。