僧侶装い無許可でお札販売の疑い 外国人に声掛ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 押収されたお札や数珠=11日、警視庁万世橋署

 頭を丸め、法衣を着て僧侶を装い、外国人観光客らにお札や数珠を無許可で販売したとして、警視庁組織犯罪対策1課は11日までに、入管難民法違反(資格外活動)の疑いで、中国籍の住所不定、自称農業の陳先楼容疑者(54)を逮捕した。

 組対1課によると、陳容疑者は昨年4月ごろから、東京都内の上野公園や秋葉原駅前などで、欧米からの外国人観光客を中心に声を掛けていた。少なくとも今年2~4月に、約10万円を売り上げたとみられる。

 陳容疑者は外国人に声を掛け、寺院の写真と英語で「寺の再建を手伝って」などと書かれたカードを見せながら、お札や数珠を500~千円で売っていた。