「敬意と感謝」橋本聖子会長 人気爆発の功績たたえる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フィギュアスケート女子の浅田真央選手(中京大)の引退発表を受け、日本スケート連盟からは11日、爆発的なフィギュア人気をもたらした数々の功績をたたえる言葉が寄せられた。橋本聖子会長は「今日のスケート界の躍進があるのは、浅田選手が世界の頂点を極め続けた大活躍のおかげ」と称賛し「ひたむきな努力とそれを支えた人間力に心より敬意と感謝を申し上げます」とねぎらった。

 2005年12月に東京・国立代々木競技場で行われたグランプリ・ファイナルで15歳だった天真らんまんな"真央ちゃん"が初出場優勝を成し遂げると、日本に空前のフィギュアブームが訪れた。