浅田選手にラブコール? 「アベ首相」が記者会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 アベ首相とコイケ東京都知事のやりとりを演じるザ・ニュースペーパーのメンバー=11日、東京都内

 社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が新作DVD「ザ・ニュースペーパーLIVE2016」の発売に合わせ東京都内で記者会見した。フィギュアスケートの浅田真央選手の現役引退表明を早速ネタにし、福本ヒデ演じる「アベ首相」が「自民党から出馬を」と政界に転身するようラブコールを送った。

 会見に登場したアベ首相は、浅田選手が初日の転倒を乗り越え6位になったソチ五輪を首相の過去に重ね、「1回目の総理は1年で終わり、見事なショートプログラムと言われた」と笑わせた。

 その上で「2回目の総理の今、私は安保法制、駆け付け警護、共謀罪、憲法改正に向かって、フリースタイルで頑張っております」と、「自民1強」を背景に重要政策を次々と進める現実政治の姿勢を皮肉った。

 取材陣との質疑で再び浅田選手の話題になり、アベ首相は「ちょっと休んでいただいて、自民党から出馬していただきたい」とメッセージ。

 すると石坂タケシが扮する「コイケ東京都知事」が負けじと「ぜひ都民ファーストの会から、(7月の)東京都議選に」と述べ、これにアベ首相が「ちょっと、早いんじゃないですか」と横やりを入れていた。

 会見には「カゴイケ氏」や「とらんぷ大統領」なども登場し、にぎやかだった。