五輪自転車、富士山コース調整へ 大会組織委員会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2020年東京五輪の自転車ロードレースで国際自転車連合(UCI)が要望している富士山を背景に走るコースへの変更について、大会組織委員会の布村幸彦副事務総長は11日、「これから具体的に詰めていかなければならない課題」と述べ、実現の可否を含めて関係機関と調整していく考えを示した。

 交通規制や警備が課題とした上で、6月の国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会を「一つの目標」として検討に入る方針だ。皇居外苑を発着点に東京都内を巡る現在のコースは15年12月のIOC理事会で承認されている。