本屋大賞に恩田陸さん

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「蜜蜂と遠雷」で「2017年本屋大賞」を受賞し、喜びを語る恩田陸さん=11日午後、東京・元赤坂の明治記念館

 全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2017年本屋大賞」の発表会が11日夜、東京都内で開かれ、恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)に同賞が贈られた。同作は今年2月に直木賞を受けたばかりで、直木賞との2冠は初。恩田さんは2005年に「夜のピクニック」でも本屋大賞を受けており、04年に始まったこの賞を2回受賞するのも初。

 受賞作は国際ピアノコンクールを題材にした音楽小説。若きピアニストたちが理想とする音楽を求めて刺激し合う姿を描いた青春群像劇でもある。初版1万5千部、直木賞を受賞して30万部まで増え、さらに本屋大賞に決まって累計発行部数50万部に。