本物そっくり仮想メダカ作製 泳ぐ動きで仲間と認識

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 スクリーンに映った「バーチャルメダカ」(上)と本物のメダカ(基礎生物学研究所提供)

 3次元コンピューターグラフィックス(CG)で、見た目も動きも本物そっくりの「バーチャルメダカ」を基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが作製。CGの姿をさまざまに変えてメダカに見せた実験で、メダカは相手の色や形に加え、泳ぎ回る動きを観察して仲間と認識していることが分かったという。

 バーチャルメダカは、体の色や形、泳ぐ際の尾びれの動きなどを調整することができる。

 チームは、メダカを入れた水槽の真横にバーチャルメダカが映るスクリーンを置き、メダカが引き寄せられる時間を調べた。

 11日付の米オンライン科学誌に発表した。