独サッカードルトムント狙い爆発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 爆発で窓が破損したドルトムントのチームバス=11日(AP=共同)

 【ドルトムント共同】ドイツ西部ドルトムントで11日、サッカー1部リーグのドルトムントの選手が乗ったバス付近で3度の爆発があり、チームによると、スペイン出身の主力選手が骨折した。同乗していたとみられる香川真司選手を含め他にけが人はなかった。捜査当局はチームが標的になったとみて、背景や動機を調べている。治安当局筋はDPA通信に「現在のところテロを示唆する情報はない」と語った。

 現場近くで犯行声明が見つかったが、捜査当局は内容を明らかにしていない。選手は欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でモナコ(フランス)と対戦するためスタジアムに向かっていた。