ヤンキースが20年連続1位 大リーグ30球団の資産価値

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】米経済誌フォーブスは11日、大リーグ30球団の資産価値についての調査を発表し、田中の所属するヤンキースが前年比9%増の37億ドル(約4070億円)で1位だった。同誌が調査を始めた1998年から20年連続でトップを守った。

 2位は前田がプレーするドジャースで27億5千万ドル、3位がレッドソックスの27億ドル。4位は上原が今季から所属する、昨季ワールドシリーズを制したカブスで26億7500万ドルだった。30球団の平均価値は昨年より19%増の15億4千万ドルで、最下位はレイズの8億2500万ドルだった。