ブラジル、閣僚8人らの捜査許可 汚職事件で最高裁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 11日、ブラジルの首都ブラジリアで、マイア下院議長(左)と言葉を交わすテメル大統領(中央)(ロイター=共同)

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル有力紙エスタド・ジ・サンパウロ(電子版)は11日、同国建設大手オデブレヒトが絡む汚職事件で、最高裁が現職閣僚8人と議長を含む上下両院議員60人以上の捜査を検察当局に許可したと報じた。与党ブラジル民主運動党(PMDB)所属議員も多く含まれており、テメル政権にとって大きな打撃となる。

 閣僚はパディリャ官房長官やヌネス外相、マッジ農牧・食料供給相ら。上院のオリベイラ議長、下院のマイア議長ら両院議員らも捜査対象になっているという。

 いずれもオデブレヒトが絡む贈収賄や資金洗浄、入札での不正などの疑いが持たれているというが詳細は不明。