皐月賞、カデナ絶好の仕上がり 東西トレセンで最終追い切り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 福永祐一騎手が騎乗し、パワフルな動きを披露したカデナ=栗東トレーニングセンター

 中央競馬のクラシック3冠レース第1戦、第77回皐月賞(16日・中山2000メートル芝、G1)の最終追い切りが12日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、弥生賞を勝ったカデナが栗東・坂路コースで福永祐一騎手を背にパワフルな動きを披露、絶好の仕上がりをアピールした。

 1週前に同騎手が乗ってしっかりと負荷をかけた。この日は単走で「反応を見て悪かったら追ってくれと指示を出したが、追わなかったところを見ると反応が良かったんでしょう」と中竹和也調教師。「瞬発力が一番の武器。パワーもある」と自信を持って送り出す。