競泳、プロ萩野「大切な第一歩」 日本選手権13日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 公式練習で調整する萩野公介=ガイシプラザ

 競泳の日本選手権は13日、世界選手権(7月・ブダペスト)の代表選考会を兼ねて名古屋市のガイシプラザで開幕する。12日は会場で公式練習が行われ、プロスイマーとしての初戦を迎えるリオデジャネイロ五輪の金メダリスト、萩野公介(ブリヂストン)らが最終調整した。スタート練習をするなど軽めに泳いだ萩野は「フレッシュな気持ちで臨みたい。大切な第一歩」と決意を語った。

 13日の男子400メートル個人メドレーを皮切りに5種目に出場する萩野は、日本の競泳選手として初めてスポーツ用品大手のナイキと契約したことを明かした。