近畿大原子炉が運転再開 教育・研究用で初、大阪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 運転を再開した近畿大原子力研究所の教育・研究用原子炉=12日午後、大阪府東大阪市

 近畿大は12日、停止していた原子力研究所の原子炉(大阪府東大阪市、出力1ワット)の運転を再開し、学生を対象に実習した。東京電力福島第1原発事故を踏まえ策定された新規制基準に適合した教育・研究用原子炉としては初の再開となった。

 伊藤哲夫所長は記者会見し「実際の原子炉で学んだ学生が原子力の安全を維持していくと痛感している」と話した。

 近畿大炉は1961年に初臨界。国内外の学生や技術者、共同研究を受け入れてきたが、2014年2月に定期検査で停止した。昨年5月、新規制基準に適合しているとされ、今年3月に原子力規制委員会による最終検査を終え、合格した。