渡嘉敷、3季目のWNBAへ渡米 「自分を出す」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 渡米を前に取材に応じる渡嘉敷来夢=12日、成田空港

 バスケットボール女子日本代表のエースで米プロリーグ、WNBAのシアトル・ストームで3季目を迎える渡嘉敷来夢(JX―ENEOS)が12日、渡米前の成田空港で取材に応じ「チームメートに遠慮せず、自分を出していく。楽しみ」と目を輝かせた。

 WNBAは5月に開幕し、7月にインドで開催されるアジア・カップにも合流する予定だ。米国で活躍するためには外角シュートの精度や守備力の向上を鍵に挙げ「どうやって高さのある選手を抑えていくかを学ぶことで、次の東京五輪にもつながる」と意気込んだ。