通学路で一斉取り締まり 全国で1万1千件を摘発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 新年度が始まって各地の学校でも新学期を迎えたことなどを踏まえ、全国の都道府県警は12日午前、約2900カ所の通学路で一斉取り締まりを実施し、道交法違反などで1万1355件を摘発した。

 警察庁によると、通学路での一斉取り締まりは2013年に始まり、今回で9回目。警察官ら約1万3700人が動員された。

 最も多かった摘発は、道交法違反の通行禁止で6684件。次が最高速度違反の1654件だった。逮捕はいずれも無免許運転で3件あり、内訳は東京都で1件、大阪府で2件だった。