インフラ、農業への投資を期待 越国家主席、日本に対し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ハノイ共同】ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席は12日、首都ハノイで共同通信と単独会見し、日本によるインフラ整備や部品製造などの裾野産業、ハイテクを導入した農業への投資に強い期待感を表明した。中小企業にも積極的な参入を呼び掛けた。

 クアン氏は共産党一党支配のベトナムで、事実上の党序列2位。国家主席は憲法で国の元首と規定されている。

 クアン氏は「近代的な工業国」の実現に向け、インフラ整備や工業製品の部品を造る裾野産業のほか、観光、サービス業の発展、気候変動への対応に優先的に取り組む必要があると指摘。これらの分野への日本による投資を歓迎するとした。