北朝鮮、米韓にらみ対話へ布石か 復活の外交委員会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北朝鮮の労働新聞が12日掲載した、最高人民会議に出席した金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は12日、紙面を普段より2面多い8面で編成し、11日に開いた最高人民会議(国会)の結果を詳細に伝えた。同会議で復活させた外交委員会には、米国や韓国との交渉のベテランがそろった。核開発を巡り緊張する情勢の打開に向け、北朝鮮が対話攻勢を仕掛ける布石との見方が出ている。

 韓国メディアなどによると、外交委は東欧の社会主義体制の崩壊を受けて西側諸国との関係改善を図ろうと1989年に新設され、故金正日総書記の体制発足後の98年に廃止されたとされる。