北朝鮮対処「事前に日本と相談」 トランプ氏、軍事行動含め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 安倍晋三首相、トランプ米大統領(UPI=共同)

 トランプ米大統領が安倍晋三首相との今月上旬の電話会談で「北朝鮮対応について必ず日本と相談する」と述べ、北朝鮮に対して軍事力を行使する場合を含めて事前に協議する考えを伝えていたことが12日、分かった。中国が協力しなければ、北朝鮮と取引する中国企業への経済制裁を強化する方針も示した。複数の日米外交筋が明らかにした。攻撃を懸念する日本との同盟関係に配慮しつつ、北朝鮮の挑発行動阻止へ積極的に関与する姿勢がさらに鮮明となった。

 両首脳は今月6、9両日の電話会談を通じて北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射について「安全保障上の重大な脅威だ」との認識で一致した。