真央引退「平昌来てほしかった」 五輪開催地の江原道知事

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 来年の平昌冬季五輪の舞台となる韓国・江原道の崔文洵知事は12日、フィギュアスケートの浅田真央選手の現役引退について「(選手として)平昌に来てほしかった」と残念がった。

 浅田選手は2010年バンクーバー五輪金メダルのキム・ヨナさんのライバルとして韓国でも注目されていた。20年東京五輪組織委員会への訪問などで来日した同知事は「韓国でも人気は高かった。引退は大きく報道されている」と語った。

 韓国メディアは引退会見も詳細に報じた。聯合ニュースは浅田選手がキム・ヨナさんについて「お互いにいい刺激を与え、もらってきた」と話したことを紹介した。