トルコでテロ、3人死亡 南東部、PKK犯行声明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【イスタンブール共同】トルコ南東部ディヤルバクルの警察施設で11日、爆発があり、アナトリア通信によると3人が死亡した。ソイル内相は12日「テロ攻撃だ」と明言。ロイター通信によると、非合法武装組織クルド労働者党(PKK)が犯行を認める声明を出した。負傷者は約10人。

 ソイル氏は、施設の外から掘られたトンネルを通じて仕掛けられた爆発物が爆発したと語った。

 トルコは憲法改正案を巡る国民投票を16日に控えている。ディヤルバクルは少数民族クルド人が多い。国内ではPKKや過激派組織「イスラム国」(IS)のテロが続発している。