米政府統廃合19年度に 180日以内に具体策

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】トランプ米政権は12日、連邦政府機能の統廃合と職員削減に向けた包括的な計画を策定すると発表した。全機関が180日以内に行政管理予算局(OMB)に提出する具体策を土台に計画を取りまとめ、2019会計年度(18年10月~19年9月)から実施する方針だ。

 トランプ大統領は声明で「政府のあちこちに余剰人員がおり、機能の重複も多い。納税者はよりスリムな政府を求めている」と指摘した。

 トランプ氏は3月13日に署名した大統領令で、不必要な機関の廃止を含む政府機能の再編案を提出するようOMBに指示していた。