桜並木を馬で行進、栃木 騎手の候補生

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 地方競馬教養センターの候補生が馬に乗り、桜並木を行進する「観桜乗馬」=13日午前、栃木県那須塩原市

 全国の地方競馬の騎手を養成する地方競馬教養センター(栃木県那須塩原市)の候補生が馬に乗り、桜並木を行進する「観桜乗馬」が13日、行われた。

 候補生の路上訓練と、普段は練習場内を走る馬のリフレッシュを兼ねる毎年恒例の課外授業で、同センターと約5キロ離れた県施設を往復。

 候補生は全寮制の同センターで2年間訓練し、騎手免許試験に合格した後、各地方競馬場に所属する。