米ロ、シリアで溝埋まらず 外相会談、信頼「低水準」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 12日、モスクワで共同記者会見を行うロシアのラブロフ外相(右)とティラーソン米国務長官(タス=共同)

 【モスクワ共同】ティラーソン米国務長官は12日、モスクワでロシアのプーチン大統領やラブロフ外相と相次ぎ会談した。トランプ米政権は、シリアのアサド政権の後ろ盾となっているロシアとの初の直接協議で方針転換を迫り、混迷するシリア内戦の打開につなげたかったが、双方の溝は埋まらなかった。

 ティラーソン氏は外相会談終了後の共同記者会見で「両国の信頼は低いレベル」と関係悪化を認めたものの、ロシアへの追加制裁の用意はないと言明。ラブロフ氏も関係改善に向け作業部会を設置し、特別代表を任命する意向を示すなど対話の維持で合意した。