痴漢容疑の男が線路を逃走、東京 JR両国駅、ホーム先端から

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日午前7時50分ごろ、東京都墨田区のJR両国駅で、痴漢をしたと訴えられた男がホームから線路に下り、逃走した。

 警視庁本所署によると、千葉発中野行きの総武線電車内で、女子中学生と女子高校生が「体を触られた」と男に訴え、3人は両国駅で下車。男は駆け付けた駅員に「俺じゃない」と否認すると、ホームの先端まで走って線路に下り、錦糸町駅方向に逃げた。

 JR東日本千葉支社によると、総武線は最大約20分の遅れが出た。