「秋篠宮皇嗣殿下」有識者も提案 陛下退位後の呼称

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 首相官邸で開かれた天皇陛下の退位を巡る有識者会議=6日午後

 政府は13日、天皇陛下の退位を巡る有識者会議が4、6両日に開いた会合計2回の議事概要を首相官邸ホームページで公表した。6日の第12回会合では新天皇即位後の秋篠宮さまの呼称(称号)に関し、皇位継承順1位を意味する「皇嗣」を付けて「秋篠宮皇嗣殿下」とする案を有識者が提示し、宮内庁は「十分可能だ」と説明した。

 政府は「秋篠宮」の宮号を維持し「皇嗣殿下」とする同様の案を検討している。有識者からは「秋篠宮さまが継承順1位だと分かるようにした方がいい」との指摘があったほか、現行制度上の定義を変更して呼称を「皇太子」とすることに慎重論が出た。