前美馬市長に禁錮7年求刑 徳島、居眠り運転6人死傷

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 徳島県美馬市の国道で昨年5月、乗用車を居眠り運転し、対向車線にはみ出して軽乗用車と衝突、5人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた前市長牧田久被告(75)の論告求刑公判が13日、徳島地裁(坂本好司裁判長)で開かれ、検察側は禁錮7年を求刑し結審した。判決は5月24日の予定。

 検察側は論告で「眠気を覚えても漫然と運転を続け、ドライバーとしての最も基本的な義務を怠った。過失は極めて重大だ」と指摘した。牧田被告は2月の初公判で起訴内容を認めており、弁護側は事故後に市長を辞職したことなどから「寛大な判決を求める」と要望した。