森友、診断書改ざん疑い 障害児支援、異なる医師名

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)が、障害などで特別な支援が必要な園児に支給される補助金を市に申請した際、園児の診断書の一部を改ざんした疑いがあることが13日、分かった。保護者が同日、市から資料開示を受け、医師の氏名が異なっていると証言した。

 補助金は「私立幼稚園特別支援教育費補助金」。身体障害や知的障害、ぜんそくなどの病気のため特別な配慮が必要な園児に対し、大阪府は同幼稚園に対し、年間1人当たり78万4千円、大阪市も36万円を交付している。申請には、診断書や障害者手帳の原本か写し、保護者の同意が必要となる。