タイ正月、静かに始まる 前国王死去で自粛ムード

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 仏教暦の正月「ソンクラーン」を祝い、水を掛け合うバンコクの人々。禁止事項を示すポスターが張られている=13日(共同)

 【バンコク共同】タイで13日、仏教暦の正月を祝う「ソンクラーン」の休暇が始まった。「水掛け祭り」とも呼ばれるソンクラーンは人々が路上で水を掛け合い、タイで最もにぎわう伝統行事の一つだが、昨年10月に死去したプミポン前国王への服喪期間が続いているため、例年と比べ静かな正月となった。

 首都バンコク当局は今回、外国人観光客が最も集まるカオサン通りやシーロム通りなど50カ所については、酒類の所持や大型の水鉄砲使用を禁じる「安全地帯」を設けた。また恒例となっている特設舞台は設置されず、大音量の音楽を流すことも自粛された。

 服喪期間は約1年間続く。