スズキ49万台リコール 4車種、荷室ドア部品破損の恐れ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 スズキがリコールを届けた「アルトラパン」

 スズキは13日、後部荷室のドア部品が破損する恐れがあるとして、軽乗用車「アルトラパン」と、乗用車の「ソリオ」「イグニス」、三菱自動車ブランドで生産した「デリカD:2」の計4車種、計49万9765台(2008年11月~16年3月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

 国交省によると、上下に開閉する後部荷室ドアを支える筒状の部品が塗装不良で腐食し、内部のガス圧力で破損する恐れがあるという。実際の不具合は報告されていない。

 問い合わせはお客様相談室、電話(0120)402253。