ソフトB松坂、右肩の不調訴える 12日にフリー登板回避

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 3月25日、広島とのオープン戦で好投したソフトバンクの松坂=ヤフオクドーム

 2015年夏に右肩を手術したソフトバンクの松坂大輔投手が13日までに、右肩の不調を訴えていたことが分かった。球団関係者によると12日に福岡県筑後市のファーム施設で予定していたフリー打撃の登板を回避し、13日は神奈川県内の病院に行ったという。

 12日は、キャッチボール後に肩の状態が良くないことを首脳陣に伝えた。11日に出場選手登録を外れた和田の代役として1軍に昇格するはずだったそうで、3軍投手コーチは「本人が一番、腹立たしいだろう」とおもんぱかった。

 リハビリ担当者は「たまたま定期検診が入っていた。今後も(リハビリ組ではなく)2軍にいると思う」と説明した。