東ガス、他社との連携拡大に意欲 燃料調達や発電で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する東京ガスの広瀬道明社長=13日午後、東京都千代田区

 東京ガスの広瀬道明社長は13日、東京都内で記者会見し、液化天然ガス(LNG)の調達や発電、海外事業などの分野で他の事業者との連携拡大に意欲を示した。効率化やコスト削減を通じて、電力や都市ガスの小売り全面自由化に伴う競争激化に対応する。

 LNGを巡っては、東京電力と中部電力が共同出資会社「JERA(ジェラ)」に調達事業を統合するなどの動きが出ている。東京ガスもこれまで関西電力や九州電力との連携を進めてきたが、広瀬社長は「電力、ガスの自由化と提携は並行して進む」と指摘し、今後も他社との協力を広げる考えを示した。