トランプ氏発言で円急伸 一時5カ月ぶり円高水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 13日の東京外国為替市場の円相場は、ドル高をけん制するトランプ米大統領の発言が引き金となり、一時1ドル=108円73銭まで円が急伸した。昨年11月17日以来、約5カ月ぶりの円高水準となった。東京株式市場では円高ドル安を嫌気して輸出関連株などが売られ、日経平均株価(225種)の終値は1万8426円84銭となり、今年の安値を更新した。

 円相場の午後5時現在は、前日比65銭円高ドル安の1ドル=109円01~03銭。ユーロは42銭円高ユーロ安の1ユーロ=116円03~07銭。