女性漫画家、再び一部無罪 東京高裁、わいせつ事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 判決後、記者会見するペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告=13日午後、東京都港区

 自分の女性器の立体データを提供したなどとして、わいせつ電磁的記録頒布などの罪に問われたペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告(45)の控訴審判決で、東京高裁は13日、一部を無罪とした上で罰金40万円を言い渡した一審東京地裁判決を支持し、被告、検察側双方の控訴を棄却した。被告側は即日上告した。

 秋吉淳一郎裁判長は「展示品を女性器だと認識するのは困難」と述べ、わいせつ物陳列罪は成立しないとする一方、立体データについては「女性器が生々しく表現され、閲覧者の性欲を強く刺激する。データ自体から芸術性、思想性を見いだすのは困難」とわいせつ性を認めた。