ソフトBの川崎、4試合連続安打 ウエスタン・リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ウエスタン・リーグの阪神戦に出場したソフトバンク・川崎(右)=鳴尾浜

 米大リーグから6年ぶりに古巣に復帰して2軍で調整中のソフトバンクの川崎が13日、ウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)に「1番・遊撃」で先発し、四回に右翼線二塁打を放つなど3打数1安打2得点と活躍した。出場した全4試合で安打を放っているが「ヒットは本当にたまたま。必死にタイミングを合わせるのに苦労している」と話した。

 この日は七回の守りで交代。水上2軍監督はフル出場が1軍昇格の目安になるとした上で「今すぐ1軍というところではない。(フル出場の時期は)これから本人と話し合っていく」と語った。