小中学生サッカー登録人口が減少 協会理事会で報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本サッカー協会は13日、東京都内で理事会を開いて2016年度の登録数を報告し、小学生年代の第4種の選手数は前年度比4・4%減の28万9919人で3年連続の減少となった。中学生年代の第3種も1・8%減の26万43人。

 田嶋幸三会長は子どものサッカー人口減少に危機感を示しており、岩上和道事務総長は「少子化で自然に減る傾向もあるが、いま具体的な対策を練っている」と話した。

 Jリーグ監督に必要な資格となる公認S級コーチに、J1川崎の米山篤志コーチ(40)ら3人を承認した。