遺体は刑事部長と確認、静岡県警 山中で発見、自殺か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 静岡県警は13日、静岡市の山中で同日朝、遺体で見つかった男性の身元を、県警刑事部長の伊藤博文警視正(58)と確認したと明らかにした。状況から自殺とみられるが、遺書などは見つかっていない。県警が詳しい死因や動機を調べる。

 県警によると、遺体は伊藤部長の自宅から北約2キロのがけ下で倒れているのを通り掛かった男性が発見した。既に死亡しており、近くには縄のようなものが落ちていた。

 伊藤部長は10日午後6時ごろ帰宅。夕食後、午後9時ごろに携帯電話や財布を置いたまま自宅を出たとみられる。