香川「試合できる状態でない」 ドルトムント爆発後の心境語る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ドルトムント(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ドルトムントの日本代表MF香川真司は13日、チームバスが被害に遭った11日の爆発後の心境について「試合できる状態ではなかった。それはみんな一緒だと思う」と明らかにした。欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦のモナコ(フランス)戦から一夜明け、ドルトムント市内でのチーム練習後に取材に応じた。

 15日には国内リーグのアイントラハト・フランクフルト戦があり、19日にはアウェーでの欧州CL準々決勝第2戦に臨む。「試合は続くし、やれることをやるしかない」などと、神妙な面持ちで語った。