ACミラン、中国資本に売却

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2007年のチャンピオンズリーグを制し、トロフィーを掲げるベルルスコーニ氏=アテネ(AP=共同)

 【ロンドン共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で本田圭佑が所属するACミランは13日、クラブの株式を保有するフィニンベスト社が中国の投資グループに株式の99・93%を売却したと発表した。売却額は負債2億2千万ユーロも含め、7億4千万ユーロ(約858億4千万円)。

 イタリアのベルルスコーニ元首相が会長を務めるフィニンベスト社と投資グループは、昨年8月に売却で基本合意していた。14日に新経営陣が任命される。ロイター通信によると、中国資本による欧州のクラブ買収では最高額となる。