カナダ、来夏大麻合法化へ 法案提出、先進7カ国で初

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 国会議事堂の前を通り、記者会見場に向かう関係閣僚ら=13日、オタワ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】カナダのトルドー政権は13日、来年7月までに嗜好品としての大麻使用を合法化する法案を議会に提出したと発表した。一部修正される可能性もあるが、議会は与党自由党が多数を占めており、成立は確実とみられている。

 ロイター通信などによると、嗜好品としての大麻使用を国家として合法化するのは先進7カ国(G7)で初めて。カナダでは医療目的の大麻使用は既に認められている。

 南米ウルグアイが13年、世界で初めて国家として家庭での大麻栽培を合法化した。米国では多くの州で医療目的の大麻使用が合法化され、コロラド州などでは嗜好品としての使用も認められている。